出産育児一時金│役所へ行こう.com

出産育児一時金

三つ子出産で126万円!!

出産育児一時金│役所へ行こう.com 出産は治療行為に当たらない為、保険の対象外です。つまり10割負担。
30万円~50万円ぐらい出産費用がかかるため、必ずもらわないと大変です。
そこで、医療保険から子ども一人につき42万円の出産育児一時金が支給されます。

ちなみに双子でも42万×2=84万円、三つ子なら42万×3=126万円です。
ちなみに、手続きをする場所ですが、お持ちの健康保険証の保険者に行くことになります。国民健康保険に加入であれば、お住まいの市区町村です。

また、限定的ですが、出産費の一時立て替えが不要で、あらかじめ、出産費から出産育児一時金を差し引いて請求してくれる制度もでてきました。
対象が中小企業の政府管掌健康保険や船員保険加入者などです。詳しくは各保険者にお問い合わせください。

未婚でも支給されます。さらには妊娠4ヶ月(85日以上)を経過した流産、死産でも支給されます。会社に健康保険組合がある場合、通常の国民健康保険や政府管掌保険より高い場合もありますので、確認しておきましょう。

対象者 健康保険加入者本人
必要書類 出産育児一時金支給請求書、健康保険証、母子健康手帳分娩の証明など
申請期限 出産の翌日から2年以内
申請先 国民健康保険、社会保険事務所、健康保険組合など