一部負担金相当額等助成制度│役所へ行こう.com

一部負担金相当額等助成制度

医療費の自己負担分まで助成で0円!?

一部負担金相当額等助成制度│役所へ行こう.com  65歳以上で、老人医療受給者証、前期高齢者受給者証、長寿医療保険受給者証(後期高齢者受給者証)を持っている方の場合、病院での支払いは通常1割負担(所得による)ですが、残りの1割分も助成してくれる制度です。つまりタダになります。

 都道府県が実施している制度です。窓口は、各市区町村になります。保険証とは別に一部負担金相当額等助成証が発行されます。また、お住まいの都道府県外で受診した場合は、通常の自己負担分を支払い後に、お住まいの市区町村で還付の申請が必要。対象・条件等は市区町村により異なります。

(大阪府茨木市の場合)
 1.身体障害者手帳の1級または2級のかた
 2.療育手帳Aのかた
 3.身体障害者手帳を所持し、療育手帳B1のかた
 4.身体障害者手帳の3級または4級の一部に該当し、一定の所得以下のかた
 5.ひとり親家庭の医療費公費負担制度に該当し、一定の所得以下のかた
 6.障害者自立支援法に基づく精神通院医療を受け、一定の所得以下のかた
 7.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に規定されて
  いる結核の医療を受け、一定の所得以下のかた
 8.特定疾患治療研究事業に規定する疾患を有し、一定の所得以下のかた

ただし、通院・入院とも1回につき500円だけ支払いが必要。1か月あたり最大2日(=1,000円)を限度。

対象者

65歳以上で、老人医療受給者証、前期高齢者受給者証、長寿医療保険受給者証(後期高齢者受給者証)を持っている方

必要書類 健康保険証、印鑑、所得(課税)証明書(転入の場合)
申請期限 なるべく早く
申請先 お住まいの市区町村