婚活支援事業│役所へ行こう.com

婚活支援事業

自治体の婚活サービスは本格的な出会い支援サービスが増えている

婚活支援事業│役所へ行こう.com 結婚を希望している方を支援するため、各自治体では婚活支援事業も行っています。

婚活支援事業も当然ながら、地域によって差があります。自治体で管理してはいますが、実質的には事業者が入って細かく運営されているところもありますし、セミナーやパーティーを実施して、出会いについては参加者の意思におまかせしているところもあります。

ただし、名目はどうあれ、婚活支援は、人口減少・少子化の進行に歯止めをかけることを目的としており、大げさに言ってしまえば、将来の自治体の存命を揺るがしかねない大問題でもあります。とくに地方では、自治体存続のためにも地元で世帯を持ってもらう方を増やすことが最重要課題となっていますので、婚活支援とは言え、自治体の側も真剣です。そのため、最近増えているのが、むかしで言うところの結婚情報サービスで、いわゆる1対1の出会い支援サービスが増えています(婚活パーティーや出会いパーティーではありません)。

1対1の出会い支援サービスは、相手から引き合わせの申込みを承諾してから、事業者が介在し日程を調整してから実際に会えるため、きわめて安全なのが特徴です。しかも、自治体が管理している婚活支援事業ですから、事業者によって運営されている結婚情報サービスと比べると登録料も格安です。

婚活支援事業を行っている自治体では、昔ながらの婚活パーティーと1対1の出会い支援サービスの2本立てで組んでいるところが増えています。気になる方は自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

対象者 地元で結婚を希望している男女
必要書類 1対1の出会い支援サービスでは運転免許証、健康保険証のほか、独身証明書または戸籍抄本が求められます
申請期限 随時
申請先 各自治体の出会い支援サービス