失業給付の基本手当(パート2)│役所へ行こう.com

失業給付の基本手当(パート2)

最低6ヶ月辞めるときは残業代が多い月を狙え!?

失業給付の基本手当(パート2)│役所へ行こう.com 受給資格を得ても、求職の申し込みをした日から起算して、通算して7日間の「待機期間」を経過しなければ基本手当がもらえません。また、自己都合で退職した人は、さらに3ヶ月の給付制限期間が設けられているので、基本手当を受け取れるのは3ヶ月と7日後となります。

手続きは始めたが、一体いくらもらえるのか?基本手当の額は、年齢+給料(直前の6ヶ月の賃金/180日)で決まります。賃金にはボーナスや退職金は含まれませんが、残業代や通勤定期代は含まれるので、辞める前に残業が多いとその分もらえる額も多いです。それで出た賃金日額のおおよそ4.5割から8割が基本手当の額になります。計算式は以下のとおり。賃金日額が少ない人には最低保障額があります。これは年齢に関係なく、1,840円(毎年8月1日に見直し)。

基本手当日額の計算式
賃金日額=会社を辞めた日の直前6ヶ月の賃金(ボーナス除く)÷180×
1. 5~0.8(賃金日額による※60~64歳は0.45~0.8)

基本手当日額の上限(会社を辞めたときの年齢別)
30歳未満 6390円 60歳以上~65歳未満 6709円
30歳以上~45歳未満 7100円 45歳以上~60歳未満 7805円
年齢・賃金による基本手当日額
(1)離職時の年齢が30歳未満
賃金日額 給付率 基本手当日額
2300円~4600円 8割 1840円~3679円
4600円~1万1650円 8割~5割  3680円~5825円
1万1650円~1万2780円 5割 5825円~6390円
1万2780円~ - 6390円(上限額)
(2)離職時の年齢が30歳以上45歳未満
賃金日額 給付率 基本手当日額
2300円~4600円 8割 1840円~3679円
4600円~1万1650円 8割~5割  3680円~5825円
1万1650円~1万4200円 5割 5825円~7100円
1万4200円~ - 7100円(上限額)
(3)離職時の年齢が45歳以上60歳未満
賃金日額 給付率 基本手当日額
2300円~4600円 8割 1840円~3679円
4600円~1万1650円 8割~5割  3680円~5825円
1万1650円~1万5610円 5割 5825円~7805円
1万56100円~ - 7805円(上限額)
(4)離職時の年齢が60歳以上65歳未満
賃金日額 給付率 基本手当日額
2300円~4600円 8割 1840円~3679円
4600円~1万0490円 8割~4.5割  3680円~4720円
1万0490円~1万4910円 4.5割 4720円~6709円
1万4910円~ - 6709円(上限額)