母子生活支援施設│役所へ行こう.com

母子生活支援施設

DVから逃れる一つの選択肢です

母子生活支援施設│役所へ行こう.com アメリカではこれらの施設が整ってきており、日本は遅れをとっていました。しかし、最近は徐々にDVなどの問題が社会表面化し、施設数も増えてきました。

夫がまさしくDVの場合、母子生活支援施設というものがありますので、迷わず相談を。そのほか、こども養育が十分にできない状況の時に、母親と子どもが一緒に入居できます。

ただ、施設によっては、所得額に応じて一定の費用負担が必要な場合もあります。居室の提供のほか、専門のスタッフが生活相談に応じてくれたり、こどもの学習指導を行っているところも。市区町村によっては市営住宅への優遇入居サービスがあるところもあります。

対象者 配偶者がいないかそれに準ずる事情にある女性で、18歳未満の児童の養育が十分にできない人とその児童
必要書類 お住まいの市区町村に問い合わせを
申請期限 お住まいの市区町村に問い合わせを
申請先 お住まいの市区町村に問い合わせを