シルバー人材(サービス)センター│役所へ行こう.com

シルバー人材(サービス)センター

これまで仕事・趣味で培った特技を仕事で活かす!

シルバー人材(サービス)センター│役所へ行こう.com  定年後も社会参加を希望する高齢者が増えてきています。そんな時に、通常の就職以外にもシルバー人材(サービス)センターを利用するのも一つ。ほとんどの市区町村に所管しているシルバー人材(サービス)センターがあります。

 そこに登録すると、働く意欲のある高齢者のために、希望や経験・能力に応じて、民間企業や一般家庭、市区町村の臨時・短期・長期の仕事を紹介してくれます。仕事の具体例としては、宛名書きや、感謝状の筆耕、書類整理などの事務作業、家事援助、マンション・ビルなどの清掃・管理、自転車整理、植木剪定、畳表替えなど、多様な内容になっています。

これら仕事の内容は各シルバー人材(サービス)センターによって異なります。また、雇用関係ではないため、仕事の実績に応じた報酬を「配分金」として会員に支払います。また、労災保険が適用されませんので、民間の傷害保険などに加入するケースが多いようです。

シルバー人材サービスセンターとは?(一般的な図)
発注者
(仕事を出す人)
仕事の発注 シルバー人材サービスセンター 会員登録 会員
(おおむね60歳以上の健康で働く意欲のある人)
契約代金の支払い (年会費)
仕事の受注 仕事の提供
(斡旋)
契約内容履行 報酬(配分金)の支払い
対象者

おおむね60歳以上の健康で働く意欲のある人

必要書類 登録申込書、年会費など 
※説明会に参加して手続きするのがほとんど
申請期限 特に無し
申請先 市区町村が所管するシルバー人材(サービス)センターにお問い合わせを