ゴミ対策助成金│役所へ行こう.com

ゴミ対策助成金

我が家はゴミを電動で処理してます!?

ゴミ対策助成金│役所へ行こう.com 地球にやさしいエコが叫ばれるようになった現代社会。市区町村には毎日大量に分別されたゴミが収集されていますが、特に都市部では深刻な問題になっています。

そのため、生ゴミや落ち葉の処理機などのゴミ処理機の購入費用を助成してくれるところが増えてきています。お住まいの市区町村に確認しましょう。助成を行っている主な市区町村を紹介します。

◎東京都多摩市
市内在住の個人、自治会がコンポスト型容器、密閉式容器、電動式生ゴミ処理機を購入する際の費用の一部を助成しています。ただし、製品購入後6ヶ月以内しか申請できません。補助金は消費税を除いた価格のおよそ2分の1(上限2万5千円)となっています。 

◎東京都世田谷区
住民自身による古紙、鉄製品、アルミ製品、缶、ビン類、紙パックなどの資源物の回収を促進するために、多くの市区町村は集団回収を行う団体に奨励金を出しています。
そのなかで、世田谷区で実施しているものは、地域のグループに参加するか、または10世帯以上で新たなグループを作り、回収業者(区が紹介してくれます)を決定。その業者との間で、回収品目、集積所、回収日などを決定し、区に団体登録を行います。
あとは、分別した資源ゴミを回収日に持ち寄って回収業者に渡し、実績報告書を受け取れば完了です。この報告書に基づいて、区はグループに対して1kgあたり6円、布類、紙パックなど(区で分別していない品目)は1kgあたり10円を支給してくれます。
ゴミをスッキリ処理してお金が手に入るのです。
そのほか、希望するグループには、新規団体で初年度に限り年間1万5千円以内で、回収に必要な消耗品(ゴム袋、ひもなど)を支給してくれます。また電動缶プレス機や台車の貸し出してくれるところも。

他にゴミ関連で言うと、自宅へのゴミ収集サービスという制度がある市区町村もあります。ご参考ください。

対象者 各助成金で異なります
必要書類 各助成金で異なります
申請期限 各助成金で異なります
申請先 お住まいの市区町村